ホーム > プレスリリース一覧 > 『Inter BEE 2012』出展募集を開始

プレスリリース

『Inter BEE 2012』出展募集を開始

2012年03月01日
事務局

報道関係各位
                                        一般社団法人 電子情報技術産業協会


                     - 音と映像と通信のプロフェッショナル展 -
                            『Inter BEE 2012』
                      11月14日(水) ~ 16日(金) 幕張メッセ
                           出展募集を開始




 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA:会長 矢野 薫/日本電気株式会社 代表取締役 会長)は、2012年11月14日(水)から16日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて『Inter BEE 2012(インタービー2012)/〔第48回〕2012年国際放送機器展』を開催します。

 今年48回目の開催を迎えるInter BEEは、国内最大規模の音と映像と通信のプロフェッショナル展として、広く放送機器ユーザに認知されています。年に一度、放送事業者をはじめ、機器メーカや関連サービス事業社等が一堂に会し、最新機器の情報受発信にとどまらず、放送や映像に関わる基準やルールなどについての運用告知や意見交換の機会としても活用され、様々なメディアビジネスに関する情報のハブとしての役割も期待されています。

 2011年の開催では、過去最多となる35カ国/地域から800社(うち海外:466社)が1,329小間を出展し、登録来場者数は30,752名となりました。北米のNAB、欧州のIBC、中国のBIRTV等と並び、グローバルなビジネススキームにおいて重要な役割を担う世界的なメディア展示会として位置づけられています。

 前回のInter BEEでは、総務省ホワイトスペース推進会議の出展やV-Low帯に関するコンファレンス等により、クロスメディアの可能性と次のメディアビジネスを探る新たな取り組みが示されました。
 また、経済産業省が推進するJAPAN国際コンテンツフェスティバル(CoFesta:コ・フェスタ)のオフィシャルイベントとしての認定を受けたほか、TBS DigiCon6との協業で実施する「Asia Contents Forum」の定着など、国内およびアジアのコンテンツ業界からも関心を集める展示会として進化しています。

 さらに、ABU(Asia-Pacific Broadcasting Union)やアジア各地域の放送・メディア関連の展示会や国際会議とパートナーシップを結び、積極的な国際相互協力を推進するほか、世界の放送ビジネスに関連する多彩なフォーラムを同時開催するなど、グローバルで進展するメディアのデジタルイノベーションを発信します。

 当協会では、3月1日(木)から、『Inter BEE 2012』の出展募集を開始します。 出展申し込みの期限は、一次申し込みが2012年5月31日、二次申し込みが6月29日となります。
 詳細情報は公式Website(www.inter-bee.com)でご確認いただけます。

以 上



出展のお申し込み、本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会 担当:金子
電話:(03)6212-5231 FAX:(03)6212-5225 E-mail:contact2012@inter-bee.com
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル12階



ページトップ